三条義宗菜切包丁のレビュー

実際に包丁を買ってレビューを紹介!おすすめの包丁はビエント工芸・包丁ストアにて販売中!

今回は「三条吉宗菜切包丁」を仕入れました。

一口コメント

燕三条の職人さんが自身の工房で、ほぼ一人で作り上げる日本の伝統的な菜切包丁。名前の通り主に野菜を切るための包丁です。三徳包丁が一本あれば全て間に合ってしまいますので菜切包丁まで揃える方は少ないかもしれませんが、こういった手作りの味のある包丁を一本持っておくのも楽しいものです。

メーカー・ブランド紹介:三条義宗

新潟県燕三条の職人さんが自身の工房でほぼ一人で作り上げています。 今回ご紹介の菜切り包丁の他に三徳包丁も人気。昔ながらの製法で作り上げる鍛造の包丁です。

包丁の種類:菜切

主に野菜を切るために使用される包丁です。菜切は江戸時代以前から存在する日本の伝統的な包丁で、肉食が増えた現代において肉を切りやすいように先を尖らせるなど進化したのが三徳包丁や牛刀。菜切り包丁はそれらの原型と言えます。 

製品サイズ & 価格レンジ

刃渡り165mm
全長310mm
重さ150g
価格1万円~

三条義宗の鋼材

刃の鋼材は白紙2号です。よく切れて研ぎやすい鋼材ですが錆びますので、両サイドをステンレス鋼で覆った構造になっています。 (刃先の幅5mmくらいの部分は白紙2号が出ていますので錆びます。ご使用後は水分を拭き取って保管ください。)

片刃、両刃、左右どちら?

こちらの包丁は両刃で左右対称に作られています。しかし右利き用の柄が付けられていますので、左利きの方は少し使いづらいかと思われます。

柄の材質は?

見るからに味のある焼栗の柄がつけられています。また柄とブレードの間には少し隙間が残っています。

この隙間を埋めているメーカーさんもありますが、こういった伝統的な包丁の場合は大体埋めていないのが普通ですね。

お手入れ・注意事項

  • ご使用後はキッチン洗剤で洗い、水分を拭き取って保管ください。
  • 食洗機のご使用は包丁の劣化につながりますのでお控えください。
  • 冷凍品や骨などの硬い食材へのご使用は刃こぼれの原因となりますのでお控えください。
  • 切れ味を保つために定期的に研ぎながらご使用ください。