関孫六ダマスカス三徳包丁のレビュー 特徴、切れ味は?

実際に包丁を買ってレビューを紹介!おすすめの包丁はビエント工芸・包丁ストアにて販売中!

今回は「関孫六ダマスカス三徳包丁」を仕入れました。

一口コメント

量販店などでもよく見かける関孫六包丁の最上位シリーズとして作られた、高級志向な客層向けの包丁。関孫六はどこでも買える包丁といったイメージですが、その中で最も高級な包丁です。このダマスカスシリーズは他にも牛刀やペティナイフなどいくつかありますが、今回は最もポピュラーな三徳包丁を選びました。

メーカー・ブランド紹介:関孫六

関孫六はキッチン用品などでもおなじみ、岐阜県関市の株式会社貝印が手掛ける包丁ブランドです。主に量販店などで売られておりかなりリーズナブルな包丁もありますが、その中で今回ご紹介するダマスカス包丁は最上位シリーズの包丁となります。 

包丁種類:三徳包丁

三徳とは肉、魚、野菜の三つの食材に使えることを意味し(つまりどんな食材にも万能に使えます)一般家庭からプロの現場まで幅広く使われている日本で最もポピュラーな包丁。今では海外でもSantokuナイフとして親しまれています。

製品サイズ & 価格レンジ

刃渡165mm
全長295mm
重さ160g
価格7,000円~

関孫六ダマスカス三徳包丁の鋼材

32層のステンレス鋼の中心に「特殊コバルト鋼」が入っており、これが切れ味や包丁の良し悪しの決め手となります。この特殊コバルト鋼というのは正確な鋼材名ではなく、硬度や性質については公開されていないのでわからないのですが、大手の貝印ブランドによる包丁ですので良質な鋼が使われていることは間違いないでしょう。切れ味はVG10と同等程度に思えます。 

片刃?両刃?

こちらは両刃の包丁です。 刃もハンドルも左右対称に作られていますので右利き左利きに関係なくお使いいただけます。

柄/ハンドルについて

積層強化木のハンドルです。通常はハンドルの中心に金属が入っているのが見えるのですが、こちらの包丁はその金属が隠れており、また形も三角ということでこだわりの設計となっています。こういった形状のハンドルは他の包丁にはないでしょう。

メンテナンスと注意事項

  • ご使用後はスポンジなどで洗い、水分を拭き取って保管ください。
  • 食洗機のご使用は包丁の劣化につながりますのでお控えください。
  • 冷凍品や骨などの硬い食材は欠けや刃こぼれの原因となりますのでお控えください。
  • 定期的に研いでご使用ください。