藤次郎の出刃はどんな包丁?

実際に包丁を買ってレビューを紹介! おすすめの包丁はビエント工芸・包丁ストアにて販売中!

今回は藤次郎の白紙鋼 出刃包丁150mm を仕入れました。

一口コメント

白紙鋼の比較的良質な出刃包丁ながらとても低価格ということで人気。Amazon や楽天だけでなく小さな金物店などでも売られている非常にポピュラーな出刃包丁です。今回はご家庭用としても使いやすい刃渡り15 CM のものを選びました。小~中型魚であればこのサイズでさばけます。 

メーカー紹介:藤次郎

藤次郎は新潟県燕市にある刃物メーカー。以前は 藤寅工業という名前でしたが最近社名変更されたようです。 洋包丁から和包丁まで様々な種類の刃物を製作している大きな会社で、海外への販売などにも力を入れています。

包丁種類:出刃

出刃包丁は魚をさばくのに使われる日本の伝統的な包丁です。魚の三枚おろしがしやすい形状をしており、 骨や頭を切っても刃こぼれしにくいよう太くて厚みのある重い刃がついています。 三徳や牛刀でも魚をさばくことはできますが、本格的にやるならやはり出刃包丁を一本欲しいところでしょう。

製品仕様 & 価格レンジ

刃渡:150mm
全長:295mm
重さ:340g(出刃包丁は重いです)
刃の厚み:7mm~8mm
価格:7,500円~

藤次郎の出刃包丁の鋼材紹介

こちらの包丁に使われている鋼材は白紙鋼と記載されています。白紙鋼には1号と2号がありますが、おそらく2号の方でしょう。 日立金属が製造するハガネ(ステンレスではない)の一種です。

日立金属が製造するはがねには、グレード別に上から青紙スーパー、青紙1号、青紙2号、白紙1号、白紙2号・・・などがあり、こうみますと白紙2号は低いグレードに見えますが、しかし出刃包丁の鋼材としては悪くないです。ある程度よく切れて研ぎやすい、出刃包丁にはわりと適した鋼材と言えます。 

片刃・右利き用

藤次郎の出刃包丁は片刃ですので、左右違った形をしています。右利きか左利き用か間違えないように購入しましょう。 

藤次郎の出刃包丁の刃付け、切れ味

コピー用紙もスパッと切れます。届いた段階でなかなか鋭く刃付けされているようです。しかし包丁の切れ味はその後のお手入れ次第。 定期的にとして研がれることをお勧めします。 

柄の材質は?

藤次郎の白紙鋼 出刃包丁の柄は朴木です。特別高級な素材ではありませんがよく和包丁によく使われる一般的な木材で、耐水性のある丈夫な木材と言われています。

写真のように柄と刃のあいだには少し隙間があります。 特に問題ではありませんが、メーカーによっては水が入らないようにこの隙間を埋めているところもあります。 
右側に少し盛り上がりがある(峰がある)形をしています。

藤次郎の白紙鋼 出刃包丁の考えられるデメリット・注意点

白紙鋼はステンレスではありませんので錆びます。ご使用後は水分を拭き取って乾燥させて保管してください。

また、欠けにくいように分厚い刃になっていますが、それでも魚の頭を落としたり骨を切ったりしているうちに刃こぼれは必ずできます。 刃こぼれを直したり研ぎ直し用に、砥石は必須品と言えます。